お金を借りたい時に注意しなければならないポイント

お金借りたい

お金借りたい!特に急いで借りたい時のサービスは増えてきて便利になっています。
特に従来からある消費者金融に加え、銀行系のカードローンもキャッシング業界に加わって来たので、サービス競争が激化しています。

 

中でも即日融資のサービスを行っている金融機関は増えているので
消費者はお金を借りたいと思い立ったら即日に利用できる環境が整ってきています。

 

しかし誰でも即日融資を受けられる訳ではありません。
即日融資を受けるためには注意事項がありますので、
しっかり確認してスムーズなキャッシングを目指して下さい。

お金借りたい時の確認事項

借入希望金額はなるべく低く申し込む!

借入金額が高いと審査が長引いてしまい即日審査が行えなくなってしまいます。
返済を考慮しても必要最小限の借入が即日審査の最重要ポイントです。

 

即日にお金が必要な時は、即日融資に実績の高い会社を選択

まず審査・融資の速い賃金業社に申し込まなければ、即日にお金を借りることはできません。
プロミスやアコムといった大手消費者金融が即日サービスも充実していますので最速です。

 

利息を低くしたい時は、銀行カードローンに申し込む!

審査に2,3日かかっても良い時は、銀行カーソローンを利用すれば利息を下げることが可能です。
しかし最近では銀行カードローンでも、審査時間は最短30分の会社もあるので比較的速くなっています。

銀行カードローンならフリーローンが便利です。

 

専業主婦は銀行カードローンを利用する!

専業主婦の方は総量規制のある消費者金融でお金を借りるのは厳しいです。
最初から銀行カードローンの検討をして行きましょう。

 

借入件数が3件以上あったら、おまとめローンを検討する!

既に借入件数が多いと、新規のカードローンの申し込みは厳しいです。
既に借入件数が3件以上の方は、先に乗り換えローンおまとめローンの検討を行った方が良いです。

おまとめローン、のりかえローンの方法はこちらから確認できます!

 

お金借りたい時に最短即日融資可能なサービス

プロミス

プロミス土日でも借りられる!
プロミスには最短即日融資即時振込など便利なサービスが沢山あります。
平日14時過ぎ土日祝でも自動契約機で最短当日借りられる!
瞬フリ(24時間365日クイック振込)も可能!
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行カードは必要

プロミス プロミス

アコム

最短30分で審査回答完了!
HPの3秒診断で融資判断スグ可能!匿名なので気軽に利用できます!
今なら30日間金利0円サービス実施中でよりお得に借りられます!
即日審査は最短30分!融資までの期間も最短60分で可能!


アコム アコム

みずほ銀行カードローン「エグゼクティブプラン」

みずほ銀行カードローン最大利用限度額はゆとりの1,000万円
金利も、年3.5%~7.0%と低金利を実現!
来店・郵送が不要なWEB完結申し込みにも対応!
エグゼクティブプランのお客さまを対象に利用状況に応じ、
エグゼクティブの方にふさわしいプレゼントをご提供。

みずほ銀行カードローン みずほ銀行カードローン

モビット

モビットモビットの申込方法は便利な2種類!
WEB完結申し込みなら電話連絡無し郵便物も無し!なので安心して
家族にも秘密で!同僚にも内緒で!にキャッシングを進められます。
10秒簡易審査で即日融資も可能!


モビット モビット

 

↓↓急いでお金を借りたい時の安心カードローンサービス↓↓

即日お金借りたい

>>上記で消費者金融の人気サービスの詳細を確認できます!<<

 

本サイトでは各金融機関のサービスの特徴をわかりやすく説明すると供に
最適なカードローン会社を厳選して掲載していますので参考に願います。


 

お金を借りたいと思った時の注意点! 闇金(ヤミ金)からは借りない!

即日お金借りたい

お金を借りたい時の消費者金融はどこで借りるのが良いの?

現在では賃金業法の改正で上限金利は20%に引き下げられています。
それ以上の貸付は刑事罰の対象になります。

 

それでも中には業務申請を行わずに営業している
闇金(ヤミ金)と言われる貸付業者は存在していますので、
キャシング会社を選択する時は注意願います。

 

お金を借りたいと思って消費者金融を探しても基本的に名前を知らない
キャッシング会社からお金を借りなければ大丈夫です。

 

TVや本サイトのような情報サイトに登場している有名な消費者金融からでしたら
安心して借りることができますので、知名度のある消費者金融を利用願います。

 

お金を借りたいと思った時に気を付けるポイントは?

お金を借りたいと思った時に一番気を付ける必要があることは、
お金を借りる方法では無く、どのように返済していくかの返済計画が重要です。

 

金利が低い会社返済サービスが充実している会社から借り入れするのも重要ですが、
それ以上に返済できる分だけを計画的に借り入れする事前計画が大切です。

 

即日お金を借りたい方は、お金を借りる方ばかりに目が行きがちですが、
返済することができると信用してもらえて、初めてお金を借りることができます。
そのため、まずは返済できる証拠を印象付ける必要があります。

 

お金を借りたいと思っても消費者金融は、
あなたが返済可能な分だけ審査して貸してくれます。

 

借入審査に落ちてしまい借りれないと悩むようでしたら、
まず御自身の返済能力を確認すると、借入審査で落ちてしまっていた要因もわかって来ます。

 

お金を借りたいと思った時は急いでいる時が多いですが、カードローンサービスはいろいろありますので、、
急ぎ過ぎないで自分に合ったカードローンサービスを利用願います。


お金を借りたいと思った時の注意点! 個人信用情報で全て個人情報はバレてます。

即日お金借りたい

個人信用情報とは、金融機関や消費者金融会社が申込者に融資を行っても大丈夫かどうかを判断するための情報です。

 

全てデータベースで一元管理されているので消費者金融も銀行カードローンも同じデータを参照しています。

 

例えば、他社から既に融資を受けており、その返済が滞っているような場合、
新たにお金を貸すことはリスクがあるといえるでしょう。

 

このようなリスクを避けるために、殆どの消費者金融、銀行カードローン、信託(クレジットカード)会社では、
個人信用情報を共有しているのです。

 

基本的にどのような内容の情報が登録されているのかというと、他社での借入残高や返済回数などの
借入データ、氏名、生年月日、電話番号、勤務先などの個人情報です。

 

融資を受ける際に登録される情報ですので、当然、過去に一度も融資を受けていない人は
何も情報が登録されていないということになります。

 

このような情報を取り扱っている個人信用情報機関は現在3つあります。

 

まず主に信販系、流通系、メーカー系、銀行系のクレジットカード会社が加盟しているCIC
次に銀行、信用金庫、信用組合、農協、労金などが加盟している全国銀行個人信用情報センター
そして、最後に貸金業、クレジット会社、リース会社、保証会社、金融機関の与信などが加盟しているJICCです。

 

それぞれが独立した機関ではありますが、これら3つの信用情報機関は一部の情報を共有しているのが特徴であり、
それにより貸し過ぎや借り過ぎを防いでいます。

 

最近では即日審査はどこの消費者金融でも行われるようになっています。
みずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行バンクイックでも即日審査が可能にってます。

 

即日審査が行えるようになったのも個人情報データが一元管理され、
個人の属性判断(お金を貸しても良いかの判断)が迅速に行えるようになった効果が大きいです。

 

個人信用情報は殆ど一元管理されていますので、金融機関を変えて申し込みを行っても全てバレてしまっています。
そのため審査をスピーディーに終わらせるためにも、申し込みはウソ偽り無い様に正直に記入しましょう。

 

その方が審査も早くなりますし、仮に審査に落ちた時でもやり直しも迅速に行えます。


カードローンの審査基準を分析(審査に通りやすい人と通りにくい人がいるのは何故!?)

即日お金借りたい

カードローンは利用をする際に審査が必要ですが、
これには「通りやすい人」「通りにくい人」がいます。

審査に通りやすい人の条件(1)収入が安定している

カードローン審査に「通りやすい人」の特徴は、
まず「収入がしっかりとしている」ことがあげられます。

 

収入が10万円の人と30万円の人が全く同じ金額の融資を希望するというような場合には、
30万円の収入がある人の方が審査に通りやすいというのは当然です。

 

収入が多いということはそれだけで完済してくれる可能性が高くなるわけですから、
収入が多いということはカードローンを利用しやすいということに繋がるのです。

 

審査に通りやすい人の条件(2)信用情報に優れている

信用情報においては「これまでの借り入れをしっかりと完済している」ということがプラスの情報となります。

 

ここでもしも返済が遅延しているというようなことがあったり、債務整理などをしていると
いうようなことになってしまったのであれば、その人は審査を通過することはできなくなってしまうのです。

 

審査に通りやすい人と審査に通りにくい人のまとめ

以上のようにカードローン審査に置いて特に重要になってくるのはかきの2点です。
現在の収入状態(収入証明書、勤続年数など)
個人信用情報(これまでの借入履歴、金融事故の有無など)

 

カードローン審査においては「お金を貸したあとで返してくれる可能性が高いかどうか」
チェックの焦点になってきます。

 

カードローンの審査を受ける際には自分のことを客観的に見て、
個人情報に問題がないかどうかということを考えるようにしましょう。

 

↓↓急いでお金を借りたい時の安心カードローンサービス↓↓

即日お金借りたい

>>上記で消費者金融の人気サービスの詳細を確認できます!<<


キャッシング関係の法令(お金を借りる前に確認しておきましょう)

キャッシング 法令

金融関係の法令は大きく変わっています。
特に2010年6月に賃金業法は改正されています。

 

賃金業法が改正され、それまであったグレーゾーン金利は撤廃されています。
グレーゾーン金利が無くなったことで、現在の上限金利は20%になっています。

 

また消費者金融では総量規制が適用され、個人の借入は年収の1/3までしか借り入れできなくなっています。
ただし住宅ローンなど一部、例外や除外の項目はあります。

 

総量規制の重要事項

総量規制は個人のお金を借りることに関する法令ですので、消費者金融に適用されます。
銀行カードローンは銀行法が適用されていますので、総量規制は適用されないです。

 

特にキャッシングに関する重要な法令

金融庁

日本の金融の機能の安定を確保し、預金者、保険契約者、金融商品の投資者その他これらに準ずる者の保護を図るとともに、金融の円滑を図ることを任務とし内閣府の外局として設置されています。

 

日本賃金業協会

日本貸金業協会は内閣総理大臣の認可を受けて設立された自主規制機関です。


お金借りたいなら賢くキャッシング!の関連情報